埼玉県展 野口さん 絵画展   渡部さん 陶芸展  



    
  12月24日(日)、今年も「夢工房みずほ台窯」の
陶芸教室作品展が行われ、お誘いを受けて
家内と二人で出かけて来た。
渡部さんの作品は写真の通り、「小鉢」と「一輪挿し」の
二点、なかなかの出来栄えに何時もながら感心した。
歴史がある教室らしい。いずれの生徒さんもベテラン揃いで
作品のレベルの高さに驚かされる。
 
   











 



 
    2016年12月23日(祝日)、元田中レントゲンの同僚、
渡部さんが通う陶芸教室作品展が「夢工房みづほ台窯」
で開かれたので、小林さんに声をかけて
二人で見に行ってきた
渡部さんの出品作品は「小丼」2点と
マグカップ1点、相変わらずの力作揃いでした。
この日は同教室で制作した作品の数々をセールで
大安売りをしていた。お気に入りの小鉢を見つけたので
2点(対)を200円で買い求め、早速使っている。
2016/12/23











   
箸置き付小皿   
 
 元田中レントゲンOB・OG
 
   ペンダント
 2014年12月23日(祝日)、元田中レントゲンの同僚、渡部さんの通う陶芸教室作品展が開かれたので、誘い合わせて観に行って来ました。
 渡部さんの作品「箸置き付小皿」は色鮮やかなばかりでなく実用性に感心した。様々な形と色合いの「ペンダント」は他のお客様からも好評だった。
 しばし作品展を見せてもらってから、ジョナサンみずほ台駅前店でお茶。変わってない、懐かしさで昔話に花が咲く。とはいうものの人名・地名が出て来なく話が長くなる。昔の同僚の話となると病気や介護の話、楽しい話しばかりでないが、それでもみんな笑顔で楽しそうだった。
汁茶碗   







   
長 皿  中鉢(象がん彫) 
 
 
  花びん 
   2012年12月24日(月)、富士見市西みずほ台の陶芸教室「夢工房」みずほ台窯で開かれていた陶芸教室の作品展を観に行ってきた。
 写真は、元田中レントゲン時代同僚の渡部さんが、この一年間で作り上げた作品である。私も定年退職を機に陶芸をやりたいと思っていた。そんなこともあって案内状を送ってくれたという。ずぶの素人の私でも、どの作品もなかなかの出来栄えであることは分かる。ここまで来る道のりは長かっただろうと思うと、ますます足を踏み出せなくなる。
蓋付象がん茶入れ   
   
ビードロ  お皿いろいろ